【Day1】7th バスラのレポをまとめてみた

スポンサーリンク
乃木坂46
スポンサーリンク

2019年2月21日~24日の4日間で乃木坂46の7周年を記念した7th YEAR BIRTHDAY LIVEが開催されました。

 

そして、Day4である4日目は西野七瀬卒業コンサートを兼ねた卒コンが開催されました。

 

僕自身、21日~23日までの3日間は会場である京セラドームで、Day4は映画館でライブビューイングで参戦しました。

 

そこで、それぞれの日でライブの感想をまとめてみようと思います。

この記事では、今回の7th YEAR BIRTHDAY LIVEのDay1の感想を書いています。

 

7th YEAR BIRTHDAY LIVEとは?

BIRTHDAY LIVEとは、乃木坂46がデビューした2012年2月22日を記念して、毎年2月22日近くに全曲披露をコンセプトに行われるライブです。(4th、6th BIRTHDAY LIVEは 夏頃に行われました。また6th YEAR BIRTHDAY LIVEは、全曲披露ではありませんでした。)

 

つまり、7th YEAR BIRTHDAY LIVEは、乃木坂46の7周年を記念したBIRTHDAY LIVEになります。

 

また、今回の7th YEAR BIRTHDAY LIVEは、全177曲が披露されました。

 

 

Day1の座席

Day1は、モバイル1次選考でチケットを獲得したこともあって、比較的ステージから近いスタンド席でした。(スタンド席の10列目でした。)

メンバーを識別できるけど、表情は見えないぐらいの距離でした。

 

 

Day1のセットリスト

以下にセットリストを記載しています。

  1.   ぐるぐるカーテン
  2.  左胸の勇気
  3.  白い雲にのって
  4.  失いたくないから
  5.  乃木坂の詩
  6.  おいでシャンプー
  7.  ハウス!
  8.  心の薬
  9.  水玉模様(4期生)
  10.  狼に口笛を
  11.  偶然を言い訳にして
  12.  走れ!Bicycle
  13. 人はなぜ走るのか?
  14. 音が出ないギター
  15. 涙がまだ悲しみだった頃
  16. 海流の島よ
  17. 制服のマネキン
  18. 指望遠鏡
  19. ここじゃないどこか
  20. 渋谷ブルース
  21. 光合成希望(西野七瀬サプライズで出演)
  22. 君の名は希望
  23. サイコキネシスの可能性(4期生)
  24. ロマンティックいか焼き
  25. シャキイズム
  26. 13日の金曜日
  27. でこぴん
  28. ガールズルール
  29. 人間という楽器
  30. 扇風機
  31. 世界で一番孤独なLover
  32.  コウモリよ
  33. バレッタ
  34. 月の大きさ
  35. 初恋の人を今でも
  36. 私のために誰かのために
  37. そんなバカな・・・
  38. ダンケシェーン
  39. 孤独兄弟
  40. 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
  41. その先の出口
  42. ここにいる理由
  43. シンクロニシティ
  44. 裸足でSummer
  45.  乃木坂の詩

 

 

印象に残ったシーン

ここから個人的に思い入れがあった演出や楽曲を紹介しようと思います。

ここからネタバレになりますので、見たくない人は戻ることをお勧めします。

 

最初の演出

overtureが終わってから最初の演出がさゆりんがいうようにエモかったです(笑)

乃木坂46、一期生の最終オーディションの合格発表を彷彿とさせるように、エントリーナンバーと名前が呼ばれた後に、一期生メンバーが登場してスポットライトが当てられます。

これがほんとにエモかった。

登場してくる一期生の数が最初と比べて減っていることに気づかされると胸にくるものがありました。

そして、その後デビューシングルである「ぐるぐるカーテン」から始まります。

 

おいでシャンプー

4期生の矢久保ちゃんのおかげでファンに浸透したナカダカナシカのコールは、めちゃくちゃ盛り上がりました。

 

ハウス!

個人的に好きなコールベスト5に入りぐらい大好きな「ハウス!」。

会場でコールできて幸せです。

 

水玉模様

生駒里奈のソロ曲である「水玉模様」は、4期生が披露しました。

先輩たちの楽曲を後輩たちが受け継ぐ形は、ぐっとくるものがありました。

4期生も初めてのライブとは思えないほど、すばらしい演出でした!

 

偶然を言い訳にして

5th YEAR BIRTHDAY LIVEの橋本奈々未卒業コンサートを思い出しました。

橋本奈々未の代わって出演していたのは、衛藤美彩です。

衛藤美彩は今年の3月で卒業を発表しており、ここでも胸にくるものがありました。

 

まなったん登場!!

ここまで、まなったんは出演していなかったのですが、制服のマネキンが発売される当時のVTR後に、制服のマネキンの披露時にまなったんが登場します!

VTRでは、西野七瀬と秋元真夏の秘話も組み込まれて、感動させられました。

こうやって、忠実に乃木坂の軌跡を表現している演出は、素晴らしかったです!!

 

渋谷ブルース

個人的な大好きなWHITE HIGHの白石麻衣と高山一実が渋谷ブルースが披露されました。

以前ギターを担当していた川村真洋の代わりに、向井葉月が担当し、さゆりんとはづきがギターを務めました。

あたり一面水色のサイリウムカラーに染まり、感動しました。

生で渋谷ブルースが聞けたことは、ホントに良かった!

 

なぁちゃんサプライズ登場!!

かずみんが歌いたい楽曲を歌うところで、かずみんが選んだのは「光合成希望」でした。

かずみんが「光合成希望」を歌っている途中に、どこからかかずみんじゃない歌声が聞こえてきます。

それから、なぁちゃんがサプライズでステージに登場し、会場は大興奮です!!

誰もがまさかなぁちゃんが登場するとは思っていなかったので、すっごく盛り上がりました!

 

君の名は希望

紅白初出場のVTR後に、オーケストラのコーラスとともに「君の名は希望」が披露されました。

乃木坂46がこの楽曲を大事にしていることが伝わってきました。

 

ロマンティックいか焼き

桜井玲香の「ターコイズのリング」を聞くことは、僕の一つの夢だったので、聞けてほんとによかった。

 

でこぴん

5th YEAR BIRTHDAY LIVEでのカメラ画面にサインを書く演出が今回もありました。

まなったんがフライングして、少しずれていましたが、それも生ライブの良さですね!

 

ガールズルール

最初のまいやんの煽りからの「ガールズルール」は、最高です!!

 

みおな登場!

みおなが「バレッタ」でいきなりセンターを任されて、それに対してのプレッシャーに耐えながらやってきたVTRが流れてから、「バレッタ」が披露されました。

 

ダンケシェーン

コールが面白く、ライブで盛り上がる楽曲の一つです。

これを聞くと、卒業した若月佑美を思い出しますね。

 

孤独兄弟

橋本奈々未の代わりに出演したのは、同じ御三家である松村沙友理でした。

こうやって、今いるメンバーで支え合っているんですね。

演出もかっこよかったです!!

 

アンコール

アンコールは「シンクロニシティ」と「裸足でSummer」、「乃木坂の詩」でした。

裸足でSummerのタオルを上げる演出は、やっぱ盛り上がりますね!!

 

 

最後に

今回のバスラは、乃木坂の軌跡を忠実に演出されており、楽曲順もほぼ忠実に再現されていました。

特に、overture後の一期生メンバーの登場する演出は、エモかったです。

 

そして、なぁちゃんのサプライズ登場!!

この時が、会場が一番湧いたと思います。

僕は、卒コンには会場参戦できなかったので、非常に嬉しかった!!

 

Day1は、初期の楽曲が披露されたため一期生が出演する回数が多かったため、一期生推しの方にはたまらない日になったと思います。

 

 

ランキングに参加しています!クリックして応援よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

 

コメント