【脂肪を燃やす脂肪】褐色脂肪細胞とは何なのか?

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

あまりにも脂肪細胞を蓄積すると、生物は肥満になってしまいます。肥満になることで、身体的負担や生活習慣病につながる恐れがあります。そのために、脂肪細胞を減らそうと食生活を正したり、適度な運動を心がけています。しかし、脂肪細胞というのはただ単に脂肪を蓄積する細胞だけでなく、エネルギーを使う脂肪細胞があることはご存知でしょうか?

この記事では、そんな脂肪細胞について書きたいと思います。

 

脂肪細胞には2種類ある

脂肪細胞には主に2種類に分かれます。その2種類が白色脂肪細胞褐色脂肪細胞です。

白色脂肪細胞は、エネルギーを蓄える役割をしている一方、褐色脂肪細胞は、エネルギーを使って熱を産生するのが役割となっています。同じ脂肪細胞でも役割が全く逆なんですね。

 

褐色脂肪細胞は加齢とともに減少する!?

褐色脂肪細胞は、歳を重ねるほど減少する傾向があります。そのため、歳とともに肥満傾向になる原因の一つとしてこの褐色脂肪細胞の減少も考えられています。

褐色脂肪細胞が最も多い時期が赤ちゃんの頃です。その理由は、褐色脂肪細胞というのは脂肪(エネルギー)を用いて、熱を産生し、体温を保持しています。体温を保持する方法として、褐色脂肪細胞意外に筋肉があります。赤ちゃんの頃は、筋肉が発達していため、体温を保持するためには褐色脂肪細胞のはたらきが重要なんですね。

 

褐色脂肪細胞を活性化させるには?

加齢とともに褐色脂肪は減少し、増加する方法もいまだ現在解明されていませんが、活性化させる方法はあります。

運動

褐色脂肪細胞は、成人になると限られた場所にしか存在しません。その場所が、首周辺や脊髄周辺、肩・肩甲骨周辺、脇の下です。この部分を中心にストレッチを行うことで、褐色脂肪細胞が活性化され、脂肪を消費します。

 

寒冷刺激

体を冷やすことで、体が熱を産生しようとします。そこで、あえて体を冷やすことで、褐色脂肪細胞が活性化させ、脂肪を消費し、熱を産生することができます。ただ、冷やしすぎには注意が必要です。

 

食事

緑茶に含まれる茶カテキンやにんにくのアリシン、唐辛子に含まれるカプサイシンを摂取することで、褐色脂肪細胞を刺激し、脂肪を消費することができます。

 

最後に

いざダイエットを始めようと思うと、時間がなかったり、体に負荷を与えすぎたりして挫折してしまうこともあります。そこで、今回紹介した褐色脂肪細胞のことを頭の片隅にもおいて、隙間時間に肩甲骨周辺をストレッチしたり、ジュースではなく緑茶を飲んだりするだけで、少しは体に変化がもたらされるのかもしれません。

 

 

 

 

コメント