【切ない片想い】15th シングル「裸足でSummer」の歌詞を解釈・考察してみた

スポンサーリンク
乃木坂46
スポンサーリンク

にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

2016年7月27日に発売された15th シングル「裸足でSummer」

 

この楽曲でセンターを務めたのは、初めて表題曲でセンターを務める齋藤飛鳥でした。

このセンター経験を機に、齋藤飛鳥の人気が上がり、今では乃木坂46のトップを争うようなメンバーの一人になりました。

 

この記事では、「裸足でSummer」の歌詞を解釈・考察してみました。

 

「裸足でSummer」の作曲者は?

裸足でSummerの作曲者は、福森秀敏さんです。

福森監督は、乃木坂46の楽曲を作曲するのは今回が初めてでした。

 

歌詞の解釈・考察

ここから歌詞の解釈・考察をしていきます。

著作権の問題上、歌詞を掲載することができませんので他のサイトでご覧ください!

 

 

「いつもの夏と違うんだ」と語っている歌詞ですが、「日差しの強さ」や「花の色の鮮やかさ」というのは、いつもの夏と一緒です。主人公「僕」がこの夏に恋をすることによって、普段何気なく感じていたり見ていたものが僕にとって特別なものに見えたため、何気ない日差しの強さや花の色の鮮やかさがいつもと違うと思わせたのでしょう。

 

「何度も季節は巡って どこかに忘れていたもの」から、僕は久々に恋をしていることがわかります。そして、「誰かを好きになる 切ない入り口を・・・」という表現から、以前の恋愛はうまくい行かず、「誰かを好きになる」という「切ない入り口」をこの夏も経験することがほのめかされています。

 

 

ここでは、僕が好きになった「君」の姿を語った歌詞になっています。「ノースリーブ」、「太陽」、「ルイボスティー」から季節は夏ですね。(タイトルにSummer入ってるか当たり前ですね)

「ルイボスティーを飲みながらなぜ一人微笑むの?」という歌詞から、僕は君の行動を理解したいけど、理解できないことがわかります。

 

 

タイトルにも出ている「裸足」。これが大事はキーワードになります。

 

「裸足」で思い浮かぶイメージとして、「素のまま」、「ありのまま」が浮かびますね。「他人の目気にせず気まぐれで」が「ありのまま」に君が行動していることがうかがえます。

 

そして、そういうありのままの君に、僕は翻弄されて、あきれたり疲れたりしてるけども、君への気持ちの方がそれらを上回っています。

 

1行目から、君の周りには多くの男友達がいて、僕もその中の一人だとわかります。君はモテるんですね。

 

「悔しい」というフレーズから、君を自分一人だけのものにしたいという気持ちが表れています。

 

今の距離感とは、友達としての距離感ですね。この距離感が心地よいといっています。けれど、先ほどの歌詞で自分だけのものにしたいといっています。そのため、「今の友達としての距離感が心地いい」というのは、告白をしないためのただの言い訳だととらえられます。乃木坂の歌詞に出てくるほとんどの僕は、こういう自分に言い訳するひとが多いですね(笑)。

 

 

ここから一気に切ない歌詞になってきます。

 

「僕も裸足になって」っというフレーズで、僕もありのままに君を純粋に追いかけたいという意味がうかがえます。

 

他人の目を気にしない君の行動は予測できないけれど、君と一緒にいたいといっている僕。しかし、「君が好き」という感情は隠したままです。

 

「そう君といると素直になれる」の「素直」というフレーズは、「裸足」を連想させます。

 

「欲しいものは前にある」の「欲しいもの」が指しているものは、もちろん「君」のことです。そしていつかちゃんと君への気持ちを話せるかな?と自問しています。

 

ここも切ない歌詞になっています。

 

「君と僕があっている回数」、「緊張して触れた指を引っ込めるしぐさ」、「僕が寝癖を直していること」を意識している「僕」にとっては、いつもの夏と違うけれども、それを「君」は気づいていないのです。

 

「インフルエンサー」の歌詞でも、「僕」から「君」への片想い、一方通行だったけれども、今回の「裸足でSummer」でも、「僕」から「君」への一方通行になっています。

2つの楽曲の歌詞も切ない歌詞になっていました。

 

関連記事

【意外に切ない】インフルエンサーの歌詞を解釈・考察してみた

 

 

 

最後に

MVでは、前面に乃木坂のかわいさを出していたのは裏腹に、歌詞は以外にも切ない歌詞になっていることがわかりますね。

このように歌詞を解釈してみると、今まで見えてこなかったものが見えてきて面白いなと思います。これを踏まえて、曲を聴いたり、MVを見たりすると、また変わったイメージを湧くのではないかと思います。

今回の解釈・考察は、僕個人的なものですので、間違っている部分があると思いますので、参考程度に楽しんでくれると幸いです。

 

 

コメント