【齋藤飛鳥初センター!】15th シングル「裸足でSummer」のMVの見どころをまとめてみた

スポンサーリンク
乃木坂46
スポンサーリンク

 

2016年7月27日に発売された15th シングル「裸足でSummer」

 

この楽曲でセンターを務めたのは、初めて表題曲でセンターを務める齋藤飛鳥でした。

このセンター経験を機に、齋藤飛鳥の人気が上がり、今では乃木坂46のトップを争うようなメンバーの一人になりました。

 

この記事では、齋藤飛鳥を物語るには欠かせない「裸足でSummer」のMVの見どころをまとめてみました。

 

「裸足でSummer」のフォーメーションは?

「裸足でSummer」のフォーメーションは以下のようになりました。

 

 

1列目5人、2列目5人、3列目6人の合計16人のフォーメーションになります。

 

センターを務めたのは、1期生最年少の齋藤飛鳥です。

齋藤飛鳥は、表題曲で初めてセンターを務めました。

初期の頃は、アンダーメンバーになることが多かった齋藤飛鳥。11枚目シングル「命は美しい」から選抜常連メンバーになり、頭角を表すようになりました。13枚目シングル「今、話したい誰かがいる」で初めての福神メンバーに選ばれ、そして15枚目シングル「裸足でSummer」でセンターに選ばれました。

初期のころから現在までで、一番シンデレラストーリーを演じたのは、齋藤飛鳥だと僕は思っています。これは彼女の努力の賜物ですね。

 

MVの見どころをチェック

監督を務めたのは?

監督を務めたのは、丸山健志さんです。

 

丸山監督は、これまで乃木坂46の代表曲である5th シングル「君の名は希望~Dance&Lip~」「ロマンスのスタート」、17th シングル「インフルエンサー」の監督もされています。そして、乃木坂46ドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」の監督も務めました。

 

ロケ地はどこ?

ロケ地は沖縄県の国頭地区中心に撮影されました。

「沖縄の海なのにすげー茶色いですね」って飛鳥ちゃんが言ってましたね。

 

MVの見どころポイント

ここから個人的に好きなシーンを紹介します。

 

アップが多い

「裸足でSummer」のMVは、メンバー一人一人がアップで映るシーンが多いと思いです。

飛鳥ちゃんのアップ!

 

なぁちゃんのアップ!

 

まいやんのアップ!

 

このようにメンバー一人のアップのシーンが多用され、その時間も長いのがこのMVの特徴だと思います。アップだとかわいさがより際立ちますね!

 

乃木坂の誇る3トップ

乃木坂の3トップといっても過言ではない、西野七瀬、齋藤飛鳥、白石麻衣の3人。

西野七瀬が卒業を発表したこともあり、貴重なシーンになると思います。

 

 

ヒッチハイク

2列目メンバーがヒッチハイクをする場面。

男なら迷わず車に乗せるでしょう(笑)

桜井玲香はヒッチハイクのシーンをたくさん撮ったのに、この場面しか使われず、不満を漏らしていました。

 

じゃれあう二人

いくちゃんんとななみんがじゃれあうシーンが多くて癒されます。

 

孤独兄弟

孤独兄弟と呼ばれる白石麻衣と橋本奈々未。

こちらも貴重なシーンですね!

 

サンダル脱ぎ捨て隊

同じ年の北野日奈子、堀未央奈、中元日芽香の三人。

歌番組で裸足でSummerを披露するとき、「サンダル 脱ぎ捨てた」の歌詞でよくアップされるので、「サンダル脱ぎ捨て隊」と呼ばれています。この歌詞の後の、きぃちゃんのでこぴんする演出するシーンもかわいいので必見です。

 

最後に

僕個人的には、乃木坂46のMVでトップを争うかわいさを誇るMVだと思います。特に、飛鳥ちゃん推しの人にとっては、彼女のアップシーンが多く、たまらないMVになったと思います。

夏らしくかわいいMVになっており、メンバーたちがじゃれあったり、笑ったり、見てて元気が出るMVですので、皆さんもぜひ見てみてください!

 

 

にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

 

 

 

コメント