【帰り道は遠回りしたくなる】乃木坂46 22nd シングルの歌詞を解釈・考察してみた

スポンサーリンク
乃木坂46
スポンサーリンク

2018年11月14日に22nd シングル「帰り道は遠回りしたくなる」が発売されました。

 

センターを務める西野七瀬を含む、若月佑美、アンダーメンバーの能條愛未がこの楽曲で乃木坂46を卒業することを発表しました。

そのため「帰り道は遠回りしたくなる」の歌詞は、乃木坂46を卒業するメンバーのことを唄った歌詞となっています。

 

 

ただ単に音楽を聴くのではなく、歌詞を読み込むことで、卒業メンバーの思いというのがより一段と伝わると思います。

 

そこでこの記事では、「帰り道は遠回りしたくなる」の歌詞を解釈・考察してみました。

 

「帰り道は遠回りしたくなる」の作曲者は?

「帰り道は遠回りしたくなる」の作曲者は、渡邊俊彦さんです。

調べたところ、渡邊さんは乃木坂46の楽曲を作曲するのは、初めてなことがわかりました。

乃木坂46以外の楽曲では、アイドルマスターなどのアニソンを作曲されることが多いそうです。

 

 

歌詞の解釈・考察

ここから歌詞の解釈・考察をしていきます。

著作権の問題上、歌詞を掲載することができませんので他のサイトでご覧ください!

 

 

先ほどもお話ししたように、「帰り道は遠回りしたくなる」の歌詞は、乃木坂46を卒業するメンバーのことを唄った歌詞になっています。

 

1番出だしの「好きだった この場所」とは、乃木坂46のことですね。

「やめられない漫画を途中で閉じて 気づくように 居心地がいい日向もいつの間にか 影になって黄昏る」は、「漫画を読む」という楽しくて好きなことに夢中になっていると、気が付けば時間が経過しているように、居心地がいい日向もいつの間にか昼、夕方と時間が経ち、終わりが来ると解釈できます。

 

歌詞を解釈するうえで覚えておきたいことが、「僕」というのは、乃木坂46を卒業するメンバーで、「君」というのは、乃木坂46の今いるメンバーということです。

 

「過ぎる時間忘れるぐらい夢中で話した」は、「漫画」と「居心地がいい日向」と意味が通じます。なので、乃木坂46のメンバーと過ごした時間もあっという間に過ぎ、終わりが迫ってきていることがうかがえます。そして、僕(卒業していくメンバー)の夢は乃木坂にはなく違う場所にあると気づきます。

 

 

サビに入ります。

 

 

そもそもタイトルにも出てくる「帰り道」とは何なんでしょうか?

 

僕は、乃木坂46への帰り道だと解釈しました。

乃木坂46というグループに属している以上、ソロで活動しても、必ず乃木坂46という帰る場所がありますね。

 

 

次に帰り道に遠回りしたくなる時ってどういう場面か考えてみました。

筆者は、帰り道を遠回りするときは、自分がやりたいこと(本を買ったり、DVDを借りたりなど)をするために行うことだと思います。

つまり、帰り道の遠回りは、自分にとって楽しいことをするためのものだと思います。

 

「帰り道」=「乃木坂46への帰り道」ととらえて歌詞を解釈してみると、

乃木坂46へ帰る道は、何度も歩んできた過去の道でありメンバー自身よく知っている道です。なので、遠回りして楽しい思いをしてきても帰り道はよく知っているので、安心して帰ることができます。そのため、帰り道に何か楽しいことをして遠回りしたくなるんですね。

 

僕は、帰り道を遠回りして楽しんで、自分の夢に向かわない自分自身に対して「弱虫」と言っており、また、「新しい世界へ今行きたい」、「一歩目踏み出そう」と言いきかせ、好きだった乃木坂という場所から一歩踏み出し、僕の夢がある新しい世界へ行こうと自分自身を鼓舞しています。

 

 

ここから2番に入ります。

 

ここの歌詞では、見慣れない新しい世界への道を歩むことに対しての不安を唄っています。不安だから、今日も明日もいつもの帰り道をたどって乃木坂に戻りたいと言っています。

 

 

 

知らない道というのは、乃木坂への帰り道ではなく新しい世界への道です。

 

道を選ばず進んでいく風の姿を見て、僕も風を見習って迷わず新しい道を選ぼうと自分自身に言い聞かせています。

 

しかし、ONE WAYの標識とあるように、新しい世界への道は一方通行です。一度乃木坂を卒業すると再び戻ってくることはできません。それでも「行くんだ」と再び自分自身を鼓舞しています。

 

 

「君」というのは、乃木坂46のメンバーでしたね。

メンバーと別れるのは、悲しいけれど、新しい世界へ挑戦するための別れであるため、大事な別れだと言っています。

 

そして、乃木坂に帰る道ではなく、違う道を選んだ意味は、新しい世界へ挑戦して、そこで輝く未来のためだとメンバー同士いつかわかるだろうと語っています。

 

乃木坂にいたころの過去がどんなに眩しくても未来はもっと眩しいかもしれない、だから、風のように、迷わず自分の思うままに挑戦しようと、卒業メンバーの旅立ちを後押ししています。

 

 

最後に

記事を読んでわかるように、今回のシングルは卒業するメンバーにあてた楽曲であり、卒業メンバーの旅立ちを後押ししている歌詞になっています。

 

乃木坂46にいた彼女たちは、間違いなく輝いており、多くの人に元気や笑顔を与えてくれました。そんな彼女たちは、勇気を出して乃木坂46を卒業して新しい世界へと挑戦しようとしています。彼女たちなら、乃木坂46にいたころよりもっと輝けると信じています。

 

卒業することは、正直ファンとして悲しいけれど、この卒業は彼女たちが選んだ新しい世界へとつづく道なのです。僕たちができることは、卒業を心から祝福し、彼女たちの今後のご活躍を応援することです。

 

紅白出場も決まり、ますますこれからの乃木坂46の活躍に期待ですね。そして、卒業してからの彼女たちの活躍も期待です!

 

最後に、この解釈・考察は僕が考えたものであるため、もちろん、間違いはあると思います。そのため、参考程度に記事を楽しんでいただけると幸いです。

 

 

ランキングに参加しています!クリックして応援よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

コメント