【飛ぶ鳥を落とす勢い】乃木坂46の美少女 齋藤飛鳥についてまとめてみた

スポンサーリンク
乃木坂46
スポンサーリンク

にほんブログ村 芸能ブログ 乃木坂46へ
にほんブログ村

最近名前のとおり、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気上昇中の齋藤飛鳥

この記事では、そんな齋藤飛鳥についてプロフィールや経歴についてまとめてみました。

 

プロフィール

*引用先:https://zdan.jp/269.html

 

  • 生年月日:1998年8月10日
  • 血液型:O型
  • 星座:しし座
  • 身長:158 cm
  • 出身:東京都
  • 愛称:飛鳥ちゃん・飛鳥さん・あしゅりん・あしゅ
  • 趣味:読書、ドラム

 

齋藤飛鳥は、1998年8月10日生まれの現在20歳

日本人とミャンマー人のハーフです。

 

血液型O型で星座はしし座です。

O型でしし座の女性を検索すると、「太陽のような明るさ」を持っているそうです。

個人的には、飛鳥ちゃんは物静かなタイプだと思っていたので、意外でした。

ただ、メンバーとじゃれあう姿は明るい性格を垣間見えますね。

 

身長は158 cmであり、この年齢の日本人女性の平均身長が159.5 cmでした。

これから、ほぼ平均的な身長だと言えますね。

 

 

齋藤飛鳥はアイドル界最小クラスの小顔の持ち主

8頭身の縦18 cm、頭回り50 cmのアイドル界最小クラスの小顔の持ち主の齋藤飛鳥

乃木坂46では、よく頭大きくていじられる秋元真夏と比べられますね。

 

*引用先:https://idol.report/topic/196

 

性格は意外にもS!?

こんなきれいな顔立ちの齋藤飛鳥

意外にもSな面を持っており、毒舌を吐いたりします。

そんな一面を含め、あすかちゃんの魅力だと思います。

握手会でもSな一面が見られるそうです。

 

下の写真は、初めてところてんを食べた時の飛鳥ちゃんの感想です。

*引用元:https://twitter.com/izumirira/status/931789569258799104

 

経歴

2011年8月21日(当時13歳)で一期生最年少で乃木坂46オーディションに合格

デビュー当初は、本人も「キャラを作っていた」っていうほど、ぶりっ子キャラでした。

ぶりっ子の飛鳥ちゃんもかわいいですね!

 

デビュー当初は意外にもアンダーメンバー

今では乃木坂46の西野七瀬に次ぐ次期エースである飛鳥ちゃんですが、デビュー当初はアンダーメンバー常連でした。

6th シングルアンダー曲「扇風機」では、センターを務めていました。

 

10th シングル「何度目の青空か?」までの楽曲では、アンダーメンバーになることが多く、11th シングル「命は美しい」から現在までは選抜メンバーに選ばれています。

 

裸足でSummerで表題曲のセンターに!

アンダーで経験を積み、選抜に選ばれてからも成長し続けた飛鳥ちゃん。

2016年7月27日に発売された15th シングル「裸足でSummer」で初めて表題曲のセンターを務めました。

それから、19th シングル「いつかできるから今日できる」、21st シングル「ジコチューで行こう!」でセンターを務めました。

これより、センター経験は合計3回です。

 

齋藤飛鳥はかわいいだけじゃない!!

飛鳥ちゃんはかわいすぎてルックスだけ目に行きがちですが、ダンスがかなり上手です。

メンバー内での評価も高く、「飛鳥ちゃんがダンスを間違えた姿を見たことがない」といわれるほど、ダンスが上手なんですね。

3期生の久保史緒里も飛鳥ちゃんの首を絶賛していました。(首といっても3つの首、普通の首、手首、足首だそうです)

 

今後は飛鳥ちゃんのダンスにも注目してほしいです。

 

まとめ

齋藤飛鳥は現在20歳

デビュー当初はアンダーメンバーになることが多かった

11th シングル「命は美しい」から選抜メンバーに抜擢

15th シングル「裸足でSummer」で初めて表題曲のセンターを務める

ルックスだけでなく、ダンスの実力もピカイチ

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント